Peaceful Beans
HOME 海外プロジェクト 国内プロジェクト スタディーツアー Peaceful Beansについて

ミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」の授業風景

宿題をチェックする先生。生徒が先生の子を抱いている。

生徒証作成のための写真撮影の際に身体測定も実施

ピースフル・ビーンズが支援しているスクールバス

タイの洪水被災者にタイ大使館を通じて寄付(2011年)
 ピースフル・ビーンズは、海外及び日本国内の難民や移住労働者とその家族の支援を通じて、多文化共生社会の実現を目指します。現在は、タイ・ミャンマー国境の町メーソート(แม่สอด)周辺で働いているミャンマーからの移住労働者の子供たちの支援と関東地方に住む東南アジアからの移住者の支援を行っています。
お知らせ
2017年3月19日から4月2日に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県ポップラ郡にあるミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」を訪問し、各学年の修了書を生徒たちに手渡してきます。また次年度の学校運営について教員たちとの打ち合わせも行ってきます。
2017年1月28日(土)午後1時から青梅市福祉センターで講演会「タイ・ミャンマー国境に暮らす子どもたちへの教育支援実践報告」を開催しました。詳しくは〔ここ〕をクリックして下さい。
2016年3月、6月、8月に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県メーソート郡とポップラ郡を訪問し、ピースフル・ビーンズが支援しているミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」で、生徒証作成のための写真撮影、健康管理のための身体測定を行いました。教員の給与も毎月支給しています。
2016年2月7日(日)午後1時から青梅市福祉センターで講演会「届けたい!子どもたちに子ども時代を:タイ・ミャンマー国境に暮らす子どもたちとピースフルビーズの支援活動」を開催しました。詳しくは〔ここ〕をクリックして下さい。
2015年6月、8月に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県メーソート郡とポップラ郡を訪問し、ピースフル・ビーンズが支援しているミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」で、生徒証作成のための写真撮影、健康管理のための身体測定、裁縫セットの配布を行いました。教員の給与も毎月支給しています。
2014年11月14-15日に、青梅宿アートフェスティバル「国際交流の広場」にタイ・カレーの屋台を出店しました。収益の59,468円と募金の13,189円を合わせた72,657円は、パラヒータ学習センターの教育支援金として送金しました。
2014年9月28日(日)午後1時半から青梅市民会館多目的室(地下1階)で「チャリティー国際理解講座:民族衣装を着てタイ舞踊を楽しもう」(主催:ピースフル・ビーンズ、後援:青梅市・青梅市教育委員会、協力:タイ国政府観光庁)を開催しました。詳しくは〔ここ〕をクリックして下さい。
2014年6月と8月に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県メーソート郡とポップラ郡を訪問し、ピースフル・ビーンズが支援しているミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」で、生徒証作成のための写真撮影、健康管理のための身体測定を行いました。教員の給与も毎月支給しています。
2013年11月16-17日に、青梅宿アートフェスティバル「国際交流の広場」にタイ・カレーの屋台を出店しました。収益の66,903円と募金の10,894円を合わせた77,797円は、パラヒータ学習センターの教育支援金として送金しました。
2013年7月に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県メーソート郡とポップラ郡を訪問し、ピースフル・ビーンズが支援しているミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」で、生徒証作成のための写真撮影、健康管理のための身体測定、タイ語教材の配布を行いました。教員8名分の給与も毎月支給しています。また昨年からタイの公立小学校に通うようになった5名の生徒に加え、今年度からさらに5名の生徒が、「パラヒータ」から3キロほど離れたタイの公立小学校に通うことになりました。ピースフル・ビーンズは、これら10名の生徒に対し、タイの公立小学校で必要となる制服や学用品を支給しています。
2012年11月24-25日に、青梅宿アートフェスティバル「国際交流の広場」にタイ・カレーの屋台を出店しました。販売収益57,685円と募金14,696円を合わせた72,381円は、パラヒータ学習センターの教育支援金として送金しました。
2012年5月に、ピースフル・ビーンズのスタッフが、タイのターク県ポップラ郡を訪問し、タイの公立小学校への進学を希望するミャンマー人児童の受け入れについて、タイの学校関係者と交渉しました。これにより、ミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」から5名の児童が、タイの公立小学校に受け入れられることになりました。ピースフル・ビーンズは、これら5名の生徒に対し、タイの公立小学校で必要となる制服や学用品を支給するとともに、通学のためのバス代を支援しています。
2012年2月に、ミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」の近くのミャンマー人移民労働者の集落で大規模火災が発生しました。現地からの緊急要請により、ピースフル・ビーンズは、被災者のために、貯水タンクとトイレの建設を行いました。〔ここ〕をクリックすると写真を見ることができます。
2011年11月19-20日に開催された青梅宿アートフェスティバル「国際交流の広場」にタイ・カレーの屋台を出店し、その収益をタイの洪水被災者のために、在日タイ大使館を通じて寄付しました。ピースフル・ビーンズのブースを訪れてくれた人たちに協力していただいて作成した「タイの洪水被災者の方々を励ますための笑顔のメッセージ」を収録したDVDもタイ大使館のシントン・ラーピセートパン公使に手渡しました。「タイの洪水被災者の方々を励ますための笑顔のメッセージ」は、YouTubeにもアップロードしました。下の画像中央にある再生ボタンをクリックすると動画がスタートします。
2011年8月に、ミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」を訪問し、タイ人アーティスト2名を招聘して、アートクラスを開催しました。この時の様子を撮影した動画をアップロードしました。下の画像中央にある再生ボタンをクリックすると動画がスタートします。
2011年1月に、それまでコンクリートの床で授業を受けていたミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」の生徒たちのための机と椅子を、移民労働者自身で製作してもらうよう提案し、資材を支給しました。このプロジェクトにより、机と椅子の製作と修復を住民たち自身で行うことができるようになり、生徒たち全員に机と椅子が行き渡るようになりました。〔ここ〕をクリックすると写真を見ることができます。
西多摩新聞(2010年3月19日)にピースフル・ビーンズの活動を紹介する記事が掲載されました。〔記事を見る
2009年11月8日に一橋大学で開催されたタイに滞在するミャンマーからの移住労働者の子供たちの教育問題に関する公開セミナーで、メーソート及びその周辺にあるミャンマー人児童学習センタ−の状況を写真や映像をまじえて、報告しました。〔ここ〕をクリックすると当日のプログラムをご覧いただけます。
 この動画は、2011年8月にピースフル・ビーンズのスタッフに同行してミャンマー人児童学習センター「パラヒータ」で、アート・プロジェクトを行ってくれたタイ人のヌーさんとジョーさんが撮影・編集してYouTubeにアップロードしてくれたものです。  この動画は、2011年11月19-20日に開催された青梅宿アートフェスティバル「国際交流の広場」を訪れて下さった方々の協力を得て、作成したものです。タイカレー販売の収益と皆さんからいただいた募金は、駐日タイ大使館を通じて、タイの洪水被災者の方々のために寄付しました。

 連絡先
  〒198-0042 東京都青梅市東青梅1-177-3
  青梅ボランティア市民活動センター内ピースフル・ビーンズ
  TEL: 050-8002-4634  E-mail: peaceful-beans@nifty.com